葬儀用語

| あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | 

あ行

後飾りあとかざり    葬儀終了後から四十九日までの間、遺骨と位牌を安置して飾る壇のこと。「中陰壇」ともいう。
遺影 いえい 死者の写真、肖像画のこと
遺骨 いこつ 火葬して骨になったもの
遺族 いぞく 死者の家族のこと。
一周忌 いっしゅうき 人が亡くなって1年目の日、命日のこと。その日に行う法事。
位牌 いはい

死者の戒名を記す木製の札。仏壇にまつる。
忌明けまでは白木の位牌(仮位牌)、その後は黒塗りの位牌(本位牌)を用いる。

永代供養墓 えいたいくようぼ 家族単位で墓の祭祀を行うのではなく、寺院が責任をもって祭祀する墓のこと。
お布施 おふせ 僧侶(お坊さん)から戒名や読経をいただき、それに対するお礼。
お斎 おとき 葬儀や法事の後の会食のこと。

か行

会葬 かいそう 遺体を荼毘にふすこと。
会葬礼状 かいそうれいじょう 会葬に来てくれた人に対して手渡す、お礼状のこと。
会葬礼品 かいそうれいひん
会葬した人に手渡すお礼品。
火葬 かそう 死者を火で燃やしほうむる事。
カロート
納骨室。骨壷を収める墓石の下のスペース。
還骨法要 かんこつほうよう 火葬後に自宅の後飾り壇に遺骨を安置して行う法要のこと
忌明け きあけ 忌中を終えること。一般的には49日をもって忌明として、遺族は日常生活に復帰する。
忌中 きちゅう 身内や親族に死者がでた際、喪に服す期間。49日または50日。
亡くなった故人を偲び、生活を慎む期間です。
北枕 きたまくら 死者を部屋に安置する際に頭を北の方向にむけること。
忌中札 きちゅうふだ 死者の出た家の玄関に「忌中」と書いた札や幕を貼ること。
脚絆 きゃはん 死装束のひとつ。仏衣を死者に着せるとき脚に巻くもの。
経帷子 きょうかたびら 「仏衣」のこと。
危篤 きとく 病気・けがで命が危ない状態。
供花 きょうか 仏前に花を供えること。またその花のこと。
供物 くもつ 死者に供える盛籠、果物、線香などのこと。
供養 くよう 仏や死者に物を供え、お経をあげること。
献花 けんか 墓前や祭壇に花を供えること。またはその花。
献灯 けんとう 葬儀の開式時などにローソクに火をつけること。
または追悼行為として、ローソクに火をつけて捧げること。
香典 こうでん 香を供養のために供えること。現在では会葬者が弔い行為として金銭を遺族へもちよること。
香典返し こうでんがえし 返礼品。遺族が会葬者に香典へのお礼として品物を返すこと。
骨壺 こつつぼ 遺骨を収納する壺のこと。

さ行

祭祀 さいし 神様やご先祖様を祭ること。
斎場 さいじょう 葬儀をする場所のこと。
祭壇 さいだん
神、仏に供物をささげるため設ける壇
散骨 さんこつ 遺骨を細かくくだき、山や海にまくほうむり方。
四十九日 しじゅうくにち
死後49日目の法要。
死装束 しにしょうぞく 一般的に、遺体に対して最後に着せる服のこと。
死化粧 しにげしょう 遺体に対し顔を整え、髭をそったり口紅などで化粧をすること。
死亡届 しぼうとどけ 戸籍を抹消するため、市区町村それぞれの役所に死亡診断書を届けでること。
日本国内で死亡したときは7日以内に、日本国外で死亡したときには3ヶ月以内に届けでる。
届け出先は死亡者本人の本籍地、届出人の現住所地、または死亡地のいずれかの市区町村それぞれの役所。
社葬 しゃそう 会社が施主となり行う葬儀。
拾骨 しゅうこつ 火葬後に焼骨を拾い、骨壷に収めること。骨上げまたは収骨ともいう。
出棺 しゅっかん 葬儀で棺を家または斎場から火葬場へ送り出すこと。
焼香 しょうこう 香を炊き仏に手向けること。仏を供養する際や、死者との別れに用いる。
焼骨 しょうこつ 火葬して焼かれた骨のこと。
精進落とし
(上げ、明け)
しょうじんおとし 四十九日の忌明けに食べる料理のこと。  
現在は葬儀後に行っている。 
初七日 しょなぬか 亡くなった当日を含め、7日目に行う法事。
現在は葬儀後に繰り上げて行っている。
葬儀 そうぎ 葬送儀礼の略。
葬儀におけるひととおりの流れ。
即日返し そくじつがえし 葬儀当日にする香典返しのこと。

た行

弔辞 ちょうじ 告別式に口頭で読まれる故人を弔う文章のこと。
弔電 ちょうでん 遺族に向けて届けられる弔いの電報のこと。
追善供養 ついぜんくよう
死者を供養するために法事、法要を行うこと。
手甲 てっこう 死装束の仏衣のひとつ。手の甲を覆う布や革のこと。
答礼 とうれい
遺族が会葬者の弔問に対してお礼をすること。
友引 ともびき 凶事に友を引く、という意味があり、葬儀、法事は一般的にこの日は行いません。
読経 どきょう お経を読むこと。

な行

年忌法要 ねんきほうよう 死者の追善供養のために、祥月命日に行う仏事を年忌法要という。
1.3.7.13.17.23.27.33年と、3と7のつく年に実施する。一般的には33回忌で終わる。
念仏 ねんぶつ 仏の名を唱えること。南無阿弥陀仏など。
納棺 のうかん
遺体を棺に納めること。
納骨 のうこつ 骨を墓地や納骨堂などに納めること。
野辺送り のべおくり
遺体を火葬場まで見送ること。

は行

箸渡し はしわたし 焼骨を箸で渡し骨壷におさめること。一般的には2人1組になる。
花環・花輪 はなわ 造花や生花を輪の形に作ったもの。
彼岸 ひがん
死者を追悼する季節の意味としても使用される。春分、秋分を中日とし、
前後各3日を合わせた7日間のこと。
副葬品 ふくそうひん 火葬時や納骨時に一緒に納める遺品などのこと。
仏壇 ぶつだん
仏像や位牌を安置し、礼拝するための壇。
プレニード 生前予約のこと。
返礼品 へんれいひん  お礼のお返し品。香典返し、引き物等。
法事 法要 ほうじ ほうよう
一周忌、三回忌など、追善供養の仏教の儀式仏事のこと。
菩提寺 ぼだいじ
先祖代々の位牌やお墓が置いてあり、葬儀や法事を行う寺。
ぼん
お盆のこと。死者の霊が帰るときと言われ、8月15日前後に行うところが多い。

ま行

枕飾り まくらかざり 死後、遺体を安置した後に、遺体前を荘厳(きれいに飾る)すること。
枕机に白い布をかけ、香炉を中央置き、向かって右手にローソク、
左手に花立ての三具足を供える。
このほかに浄水や白いご飯(または団子)を供えたりすることもある。
枕机 まくらつくえ 枕飾りをする小机。
枕直し まくらなおし
死者を安置する際に、北枕または西向きにすること。
枕飯 まくらめし 枕飾りの際新しく炊いた白いご飯を、故人愛用の茶碗に高く盛りつけ枕元に供えること。
末期の水 まつごのみず
死亡直後に死の現場に立ち会った者により行われる。
湯のみ茶碗に水を入れ、割り箸の先を脱脂綿で巻き、割り箸の先に水を含ませ、
一人ひとり順番に死者の唇を潤す。
割り箸の代わりに綿棒や新しい筆を用いることもある。
喪主 もしゅ 葬儀で遺族を代表して祭祀を主宰する者。
喪章 もしょう 遺族関係者が喪中であることを示す黒の印。胸または左腕上部につけたり、巻いたりする。
喪中 もちゅう
喪に服していること、その期間。死者との関係により種々だが一般に死後1年を言う。

や行

湯灌   ゆかん     死者の体をお湯でを洗浄し清める、ひとつの儀式のこと。

ら行

臨終 りんじゅう 死に臨むこと。
六道 ろくどう 生存中の行為の善悪の結果として,衆生がおもむく6種類の世界の状態をいう。
すなわち,地獄,餓鬼,畜生,阿修羅,人間,天をいう。

六文銭 ろくもんせん 三途の川の渡し賃だとされ、死装束の仏衣では頭陀袋の中に紙製の六文銭が入れられる。
名古屋葬儀 料金プラン
名古屋葬儀 提携葬儀斎場
名古屋葬儀 選ばれる3つの理由
名古屋葬儀 お葬式の流れ
名古屋葬儀 納骨について
名古屋葬儀 お葬式Q&A
名古屋葬儀 無料事前相談
名古屋葬儀 スタッフブログ
名古屋葬儀 運営会社