納骨施設

納骨施設

個人やご家族で室内などに遺骨を納めることのできるお墓です。
形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨施設の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、
また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります。

納骨施設の種類

寺院納骨堂寺院によって、運営・管理される納骨堂。一般的には寺院内に設けられる。お墓の建立と異なり、檀家として入壇する必要がないことが多い。
公営納骨堂都道府県や市町村などの自治体が運営・管理する納骨堂。自治体の使用条件を満たした方のみが利用できる。多くは仏教形式であるが、自治体によっては、神道形式のものを用意している例もある。
民営納骨堂公益性のある法人(宗教法人、財団法人、社団法人)が運営主体となり、販売を民間会社が行う納骨堂。宗旨や宗派による制限がないことが多い。
合祀納骨堂通常の納骨堂の個別納骨とは異なり合同で納骨する合葬墓スタイルの納骨施設。一般に永代供養墓、合同供養墓、共同墓、合祀墓等とも呼ばれ永代的に納骨される納骨堂。宗旨や宗派による制限がないことが多い。また、一旦納骨すると遺骨の返還が受けられないことが多い。

提携先

  • 納骨堂「離宮八事」   管理・供養:法龍寺
  • 対応地域近郊の寺院納骨施設(詳しくはスタッフにお尋ねください)

納骨堂「離宮八事」の詳細はコチラから

名古屋葬儀 料金プラン
名古屋葬儀 提携葬儀斎場
名古屋葬儀 選ばれる3つの理由
名古屋葬儀 お葬式の流れ
名古屋葬儀 納骨について
名古屋葬儀 お葬式Q&A
名古屋葬儀 無料事前相談
名古屋葬儀 スタッフブログ
名古屋葬儀 運営会社